【骨格診断】お客さま事例 30代 K様 ソフトストレート | 東京大田区の骨格診断、パーソナルカラー診断

【骨格診断】お客さま事例 30代 K様 ソフトストレート

2022/9/4

診断結果は「ソフトストレート」
ザ・ストレートタイプと比較してハリと弾力は弱め。立体感はあるもののメリハリは弱なタイプです。

【診断を受ける前のお悩み】

ストレートタイプだろうとわかってはいたけど、ストレートタイプに似合うとされるアイテムがどうも自分には着こなせないと感じるものが多かったため、その理由を知りたくて来られました。

【似合うお洋服のポイント】

ハリのある素材が似合うと言われるストレートタイプですが、Kさまはハリが強すぎるものは苦手。シワや凹凸のないソフトで艶のある生地がよくお似合いになります。

また、お顔の印象がとても女性らしいため、ストレートタイプに似合いやすい襟付きのシャツやマニッシュなテイストも苦手なご様子でした。

大きくきれいな瞳から華やかな印象が強く、必ずどこかに女性らしさ、エレガントさを意識することでとても輝いて見えます。
けれど、甘すぎはNG。
パンツスタイルでは女性らしさを必ず入れないとお顔の印象と調和しないこと、
お顔が甘いからこそ、スカートスタイルでは甘さを引かないとやぼったく見えることをお伝えしたら、ものすごくご納得いただけました。

タイトスカートは挑戦したことがなかったそうですが、今回試着されて「すっごく似合いますね!」と嬉しそうに仰ってくださいました。

写真左右の襟付きシャツやハリが強すぎるシャツより、真ん中の厚地でシワ感のないソフトな印象のトップスがとてもお似合いです。

左のフレアスカートより、真ん中のストレートタイプらしいタイトスカートがよくお似合いでスタイルアップして見えます。
左右の黒いスカートは同じものですが、形を変えるだけで印象が異なりスッキリスタイルアップしました。

K様、この度はありがとうございました!

—–ご感想—-

今まで疑問に思っていたことが全てクリアになりました😊
自分の似合うと感じていたものと診断結果にあまり差がなくて良かったです。

Blog一覧に戻る