似合う色ってどんな色?

この色を身につけると自分に自信が持てる、人からよく褒められる、そんな経験をしたことはありませんか?

それは、その色があなたの「似合う色」だからです。

ではどうして似合う色を身に着けると自信が持てたり、人から褒められたりするのでしょうか?

それは、身に着けた色が肌・髪・目の色と調和してその人自身が美しく引き立つからです。

人は無意識に色と色とが合っているかを感じ取って、美しいと感じたり違和感を感じたりしています。

似合う色とは

4シーズン・パーソナルカラーとは

パーソナルカラー診断とは、人の「似合う色」を見つける診断です。
診断では、まずゴールドが似合う「イエローベース」とシルバーが似合う「ブルーベース」の2タイプに分け、胸元にドレープ(色布)を当てていきながら Spring、Summer、Autumn、Winter のどのカラータイプが似合うかを分析します。

単に赤が似合う、青が似合わないと分けるのではなく、赤でも、スプリングなら明るい赤が似合う、オータムなら深く落ち着いた赤が似合うなど、色の特徴で似合う色を見つけます。

パーソナルカラー 4シーズンタイプ

16タイプ・パーソナルカラー診断とは

日本で一般的な4シーズン診断ですが、たくさんある色を4つに分けるだけでは本来似合わないはずの色も混ざってしまい、誤診と勘違いされたり、パーソナルカラーを上手く活かせない原因となってしまいます。

当サロンでは、色の明るさ、あざやかさ、清濁の特徴から4シーズンをさらに4つずつに分けた16タイプ・カラー診断法を採用しています。
16タイプに分けることで似合う色を正確に診断することができ、また、似合う色の特徴が具体的にわかるためショッピングやメイクに取り入れやすくなります。

16タイプ・パーソナルカラー診断

パーソナルカラーは「素敵」への近道

ファッションやメイクにパーソナルカラーを取り入れると、その人の特徴とよく調和し、肌・目・髪にプラスの効果が期待できます。

パーソナルカラーの効果

「いつも素敵!」な人ほど、実は色の効果を上手に取り入れています。
つまり、いまいちオシャレにならないと思っているあなたも、パーソナルカラーを身につけるだけで余計なお金をかけずに「素敵!」と思われる人に変わることができるんです。

逆に似合わない色を身につけると、青ざめる、疲れて見える、シミ・しわ・くまが目立つ、顔が膨張して見える、陰気、若作り、老ける、さみしく地味な印象になるなど、人にマイナスなイメージを持たれてしまいます。

似合う色を知ることで、ムダな買い物が減る、朝の洋服選びやメイク時間を短くできるなど、日常生活にもたくさんのメリットがあります。

16タイプ・パーソナルカラー診断