20190430-2

平成最後、パーソナルカラー診断で一番多かった結果は…

平成最後の日、時間が取れたので前から気になっていたことをやってみました!

それは・・・

私のサロンでのパーソナルカラー診断の結果集計です✨

オープンして1年半、200名近いお客様を診断させていただいたく中で結果の偏りを感じてはいたんですが、ちゃんと数字にしたことがなかったので。

では早速、結果はこちらです↓↓↓

ディープオータムが一番多いという結果!これは意外!
一番多いのはビビッドウィンターかなと思っていました。

日本人に多いと言われるサマーは、普段から少ないなと思っていたとおり、やっぱり少なかったです。

あとはだいたい予想通り😊

私のサロンに来ていただいたお客様だけの集計結果なのでこれが日本人のカラータイプの割合とは言えないですが、ただ診断をしていて感じるのは若い方でライトタイプがすごく少ないこと。
ライトタイプになるのは50代以上の方がほとんどです。

理由は、日本人はダークな髪色、瞳に明るい肌色を持つので、ある程度以上のコントラストが必要だから。
それが年を重ねると髪色がうすくなったり、瞳の印象もソフトになってライトタイプのパステルカラーが似合いやすくなってくるんだと感じます。

一人、お若い方でライトタイプと診断させていただいた方がいましたが、髪・瞳が明るいというよりも、すごく透明感があったのが印象に残っています。

ライトタイプが少ないというのは、一般的な日本人の傾向として当てはまるのではと思います。

これからさらに診断を続けて結果が増えたら、また違う傾向も見つけられそうです😊
また来年あたりに再集計してみようと思います!

Comments are closed.