pattern

似合う柄がわかる!柄ドレープ診断

4月からパーソナルカラー診断のオプションメニューとしてスタートする「柄ドレープ診断」のご紹介です!

皆さまはご自分に似合う柄をいくつ挙げられますか?
一つか二つは思い浮かべることができましたでしょうか。

では、その柄がご自分に似合っている理由を説明できますか?

なんとなく似合っているのは分かっていてもそれを説明するのは難しいと思います。

でも、似合う柄にはちゃんと理由があるんです。 理由は3つ。

①柄のコントラストがお顔と調和する
②柄の大きさがお顔のパーツ(目、鼻、口)の大きさと調和する
③柄のデザインがお顔のパーツの形や輪郭、首の長さと調和する(または補う)

コントラストはパーソナルカラー診断とも関係してきます。
あざやかな色が似合う方はコントラストが強い、うすい色が似合う方はコントラストが弱い柄がお似合いになります。

そしてお顔のパーツが大きく華やかな顔立ちの方は大柄が似合いやすく、あっさりとした顔立ちの方は小さめの柄が似合いやすくなります。

柄のデザインは、お顔のパーツがシュッとした直線的な方はボーダーやチェックのような直線的な柄がお似合いになり、丸みをおびたパーツの方はドットのような曲線的な柄がお似合いになります。

また、輪郭の形や首の長さで胸元がさみしく見えたり、逆に詰まって窮屈そうに見える方は、柄のデザインによって抜け感や豊かさを補うことができます。

長々と書いてしまいましたが、柄ドレープ診断では柄のコントラスト、大きさ、デザインの3つの観点からお似合いになる柄を分析していきます。

診断方法は、まずコントラストのチェックから。

お顔と調和するコントラストを強・中・弱の3つから見ていきます。

次は柄の大きさチェック。

大・中・小から見ていきます。

最後に柄のデザインをチェックします。

写真は一番大きな柄のデザインになります。

ドレープは限られたデザインしかありませんが、コントラスト・大きさ・デザインのどれが似合うかがわかると色々な柄に応用することができます。

たとえば、下の画像のレース柄ブラウス、花柄スカート、レモン柄ブラウスはどのタイプの方に似合うかわかりますか?

正解は、コントラストが強く曲線的な大柄が似合う方です!(レースは白1色なのでコントラストはあまり関係ないです)

花柄、レモン柄ともに曲線的で大きなドットと捉えることができますよね?

柄ドレープ診断では、ドレープを当てたあとにどんな柄に応用ができるかもご説明します。

パーソナルカラーと合わせて知っておくと洋服選びが一段と楽しくなりますよ(*^^*)

ぜひ診断を受けてみてくださいね♪

Comments are closed.